TOP
院長紹介
MAP
診療時間

9:00〜12:00 14:00〜17:00
特診 特診
特診
休診 休診
祭日 休診 休診

院長:福井芳周

   (ふくいよしちか)

日本乾癬研究所 鉱泉療院 院長

院長略歴・著書紹介は

こちら



乾癬情報PART2   part1へ

 乾癬〜認識が免疫力向上につながる

 体内に病原菌や有害な物質が侵入したとき、これらに攻撃を加えて排除する働きが免疫です。この健康にとって大切な機能、免疫に悪影響なのが不規則な食生活に偏った食事、過剰なストレス、活性酸素や慢性疲労などです。大切なのは、ふだんの生活から悪影響因子を取り除いたり、遠ざけることです。

 常に免疫を正しく機能させるには、以下の事項を見直すことが必要です。

一、バランスのとれた食生活

二、睡眠を質の良いものにする

三、ストレスを長期に溜めない

四、適当な運動

五、心を安定させる

 前記五点は免疫を高める基本的な事項であり、いい加減に対応しては免疫が弱まり、どのような健康法や療法も効果は薄く、回復能力も鈍ります。何よりもまず、基本的なこの五点を守って生活することが大切です。

ストレス心配が活性酸素を体内に作り上げる

乾癬 を発病したとき、まず最初に、この病気が急性なのか慢性なのかを確認することが大切です。

 複雑な構造と機能を持つ体ですが、健康体に戻してあげると生き生きと反応を見せてくれるものです。ですから、もし慢性化していればいるほど、 乾癬をなぜ発症したのか、その原因を探ることが重要です。

 全身を覆う皮膚すべてがボロボロになってしまうと、覆い隠したくなるもです。ですが、一生隠し続けるわけにはいきません。

 なぜこのような皮膚になったのか。 乾癬 の症状を前に冷静になることは難しいことかもしれませんが、今一度、その原点を振り返ってみましょう。仕事が忙しく不規則な生活をしてすぎたことや、介護で疲れを感じていたこと、もしくは怪我をした、身内に不幸があったなど、原因不明といわれる病でも、必ず異常をきたす源となった要因があるのです。

 原因がわかれば、 乾癬を克服する ために現在のライフスタイルを見直し、改善していくことです。ストレスによって肉体までもが異常を起こしているのだと、よく理解できることと思います。

PART1へ戻る

問い合わせ電話番号042-581-1282