TOP
院長紹介
MAP
診療時間

9:00〜12:00 14:00〜17:00
特診 特診
特診
休診 休診
祭日 休診 休診

院長:福井芳周

   (ふくいよしちか)

日本乾癬研究所 鉱泉療院 院長

院長略歴・著書紹介は

こちら



福井芳周院長最新本『乾癬の本』

『乾癬がよくわかる本』より 

『乾癬がよくわかる本』好評発売中

  • 第一章:奇跡を起こす鉱石イオン療法のすべて
  • 第二章:感動の嵐!乾癬を克服した六人の実体験
  • 第三章:乾癬とはどんな病気なのか
  • 第四章:誰も知らなかった!!乾癬とストレスとの深い関係
  • 第五章:自然治癒力を高めるための生活改善法

 自然治癒力を引き出すためには、自分の体の声を静かに聴き、発症の根本原因と体が何を求めているかに「気づく」ことが大切。心身の疲れを癒し、ステロイド剤などの薬に頼らず免疫力を高める「鉱石イオン療法」を紹介する。



『乾癬がよくわかる本』 患者さまの声ご紹介

患者様から頂いた手記をご紹介します。

 女性 71歳(主婦)

 三十年ほど前、後頭部にポツンと湿疹ができました。もともとフケ性だったので、「フケの塊か」くらいに軽く主他だけだったのですが、痒みがあたので皮膚科にいきました。

 そして、病院でいただいた白い液状の薬を使い始めました。薬をつけると表面が乾いてポロリと落ち、一時的に痒みもなくなるのですが、気がつくと湿疹は大きくなってしまうのです。

 ところが皮膚科の先生は、「この薬、よく効くだろう」と私に言うのです。結局、その薬を何年も使い続けました。

 ある日、評判のよい皮膚科があると聞いて行ったのですが、そこでは大学病院を紹介されました。そして大学病院で初めて「尋常性乾癬」と診断されましたが、処方薬は市販もされているステロイド系の薬でした。

 市販されている薬でしたから、その後は自分で購入し、痒みに我慢できないときだけつけるということを続けてきました。その間に、幹部は広がって耳にまで達し、薬をつけないとただれてしまうようになりました。服に積もるフケにも悩まされました。

 別の皮膚科にも行ってみましたが、出された薬はやはりステロイド系でした。ステロイドの薬害については耳にすることがあったので、出来るだけ使わないように心がけてきました。

 昨年八月、新聞の書籍広告で福井先生の本を知り、さっそく読んでみると、乾癬の原因ストレスによる自律神経のアンバランスと免疫抗体にあると書かれており、「なるほど!!」と自分の人生を振り返って納得しました。

 すぐに日本乾癬研究所を尋ねて福井先生の話を聞き、「自分の力で治せる」と思い、さっそくイオン鉱石療法を開始しました。

 朝夕2回の入浴を続けましたが、四ヶ月は症状に変化がなく、五ヶ月目に入る今年の一月には耳の湿疹がひどくなり、これが湿疹が粉飾して吹き出たものなのだと思いました。四月に入ると、耳から首、顔に赤い発疹が出ましたが、福井先生は、

 「よかったね、体にたまっている毒素が出てきたのですよ。出切ったら元気になりますよ」とにこにこしておっしゃいました。湿疹は出始めると、胸、背中、お腹、腕、足へと、日ごとに広がっていきました。この時期は、日に四回入浴しました。周囲の人には

「どこの皮膚科に行っているの?えっ、行っていないの?」

 と聞かれましたが、先生の言葉を信じて、ただただ入浴を続けました。ピークは四〜五月だったと思います。赤い発疹は首に、胸は黒ずんでいました。六月に入って、皮膚が剥がれ始めました。よく見ていると、腕などには鱗を剥がしたようで、その鱗が立ち上がってくるさまは本当に不思議で、驚いてしばらく見入ってしまいました。皮膚剥がれ方はすごいもので、体を洗ってから湯に入っても湯船に白いものが浮かぶほどでした。

 それを洗面器を沈めながら吸い込み、とっては捨てして遊びながら、この間をしのぎました。

 赤みが引き始めてから二ヶ月たった七月には、湿疹は首の後ろの部分を残すだけとなりました。とうとう八月、体全体の肌がすっかりきれいになり、福井先生から、

 「自分の力で治せましたね」

といわれたのです。

 「万歳!!三十年間のストレスが出きったのだ!フケの心配もなく、黒い服も着られる!」

 と、飛び上がるほどうれしい気持ちでした。回復したいということは、先生に言わせれば自分の治癒力ができたということだそうですが、この力は大切にしたいと思います。

 思えば、三十年来の病がたった一年で治ったということです。周囲の人もこの療法には驚いています。

 一冊の本との出会いがこの幸運をもたらしてくれたのです。本当にうれしい出会いでした。そして、多くの人が私のように乾癬を克服できることを祈ってやみません。

homeへ

問い合わせ電話番号042-581-1282